キリマンジャロの空

b0011029_7293585.jpg

下から眺めてるだけならそんなに高くは見えないんだけども。。
[PR]
# by kyahe1 | 2011-01-03 07:28

キリマンジャロの空

b0011029_726242.jpg

アフリカ最高峰での初日の出
[PR]
# by kyahe1 | 2011-01-01 07:23

キリマンジャロの空

b0011029_7242772.jpg

2010年最後の朝陽
[PR]
# by kyahe1 | 2010-12-31 07:23

キリマンジャロの空

b0011029_7224166.jpg

朝陽の中のキボ峰
[PR]
# by kyahe1 | 2010-12-30 07:23

キリマンジャロの空

b0011029_7181397.jpg

神話的な光の夕陽
[PR]
# by kyahe1 | 2010-12-29 07:18

キリマンジャロの空

b0011029_7154436.jpg

まずは青い空
[PR]
# by kyahe1 | 2010-12-28 07:14

『今日の空』

b0011029_2305346.jpg

なんかオーロラみたいな雲でした。
[PR]
# by kyahe1 | 2010-12-22 02:31

『今日の空』

b0011029_0215374.jpg

モザンビークの空はどこか異国情緒を漂わせる。
[PR]
# by kyahe1 | 2010-12-20 00:22

『今日の空』

b0011029_019385.jpg

ベイラのビーチでは微笑ましいほど楽しげにみんな遊んでいた。
[PR]
# by kyahe1 | 2010-12-19 00:18

『今日の空』

b0011029_3144971.jpg

1日出張でムタレへ。相変わらずの素敵な高原都市。
[PR]
# by kyahe1 | 2010-12-18 03:16

『今日の空』

b0011029_455245.jpg

今日は職場のビルから。夕暮れのさわやかな雲な感じ。
[PR]
# by kyahe1 | 2010-12-17 04:57

『今日の空』

b0011029_225892.jpg

今日の帰宅途中に見た雲。一応夏なのでこういう雲もたまには出てくる。
[PR]
# by kyahe1 | 2010-12-15 02:34

『今日の空』

b0011029_3364313.jpg

うちの近くにある電波塔。先端がかっちょいい。
っていうか雨季で毎日曇り空です。

今日はムガベ大統領、チャンギライ首相、ムタンバラ副首相、クーペ副首相が
一堂に会する式典に参加。ムガベとチャンギライが握手するのを見て
「あー、こういうところで握手するくらいには大人なのか」と妙に関心。
選挙は来年にあるのかなぁ。
[PR]
# by kyahe1 | 2010-12-14 03:39

『今日の空』

b0011029_152070.jpg

夕暮れの空@うちの庭から。
たまにものすごい色の夕暮れ空もあるけどこんな素朴な夕暮れ空も素敵。
[PR]
# by kyahe1 | 2010-12-13 01:53

Ngomakurira

b0011029_1201445.jpg

今日、Ngomakuriraに行ってきました。
3回目にしてようやく岩の頂上まで登ってきました。
頂上付近には石を並べた星丈のような物があったりして
景色は最高だし、なかなか良かった。

ジ・アービンガー・インスティチュート『箱』(文春ネスコ)読了。
*これすごく良かったので、お勧めです。
[PR]
# by kyahe1 | 2010-12-12 01:24

家庭菜園(ブログ再開)

b0011029_339549.jpg

先日、大学院の後輩が遊びに来たので庭に野菜をいくつか植えてもらいました。
オクラ、かぶ、かぼちゃ、シソ、枝豆、小松菜など。

ハラレでは手に入る野菜の種類が限られているので自分で育てるのが一番です。
これまでも小松菜やほうれん草、トマトを育てていたんですが、
どれも味がすごく濃くておいしくできました。オクラだけうまく育ちませんでしたが。
[PR]
# by kyahe1 | 2010-10-31 03:44

BRITAIN ZIMBABWE SOCIETY RESEARCH DAY 2009

BZSの研究集会が来月開かれます。

http://www.britain-zimbabwe.org.uk/ResDay9.htm

今年のテーマは、"War and Soldiers: Understanding the Past, Building the Future"。
こういう副題をつけるの、みんな好きなんですね。
2年前に一度、参加したことがあって、
オックスフォードの町並みに感激した覚えがあります。
巨匠のレンジャーも健在のようで、いい集会になるといいですね。

アフリカ学会は結局、2日目だけ行きました。
久しぶりの学会でしたが、久しぶりに聞くと研究発表も新鮮で、
いい発表/そうでないもの、いい研究/そうでないものというのが
クリアに分かるような気がしました。


新田次郎『縦走路』読了
[PR]
# by kyahe1 | 2009-05-25 09:17

アフリカ学会

今週末は東京の宇内でアフリカ学会があります。

http://www.nodai.ac.jp/int/original/jaas/index.html

プログラムを見ていると今年は東京での開催にも関わらず
発表者が例年に比べると少ないように感じました。
ジンバブウェ関係の発表もほとんどないし、
高いお金を払って聞きにいくのはすこし躊躇してしまいます。
学会ももう少し安く聞くことができたら助かるのに残念です。


ポール・オースター(柴田元幸訳)『鍵のかかった部屋』読了
[PR]
# by kyahe1 | 2009-05-21 23:32

Mupedzanhamo

Mbareのニュースが出ていました。

http://allafrica.com/stories/200905200007.html

MbareにはMupedzanhamoという蚤の市がありまして、
ここは基本的に古着を大量に扱っている市場なんですが、
一部に新品の服やら、お土産物やら、雑多なものが売ってます。
で、ここにモザンビークから関税を免れて入ってきた服が
仕入れられたということでニュースになっています。
これが古着なのか何なのかはよく分かりませんが、
みんながんばって商売してんなぁ、って感じです。
古着は米ドル?それともZ$で売ってるのかな?


ポール・オースター(柴田元幸訳)『最後の物たちの国で』読了
[PR]
# by kyahe1 | 2009-05-20 23:59

ZAPUの復活

僕は先ほど知ったんですが、ZAPUが復活してるんですね。

http://www.zapu.org/

ここ半年ほどはすっかりジンバブウェ関係のニュースも読んでいなかったので、
こんな大きなニュースがあったことも知りませんでした。
しかしサイトのはじめの写真が白人だったり、人権を歌っていたり、
なんか怪しさ満点に感じてしまうのはうがった見方でしょうか。
誰か詳しい経緯知ってる人がいたら教えて欲しいなぁ。


後田亨『生命保険の「罠」』読了
[PR]
# by kyahe1 | 2009-05-18 21:57

アフリカンフェスタ

昨日、今日は横浜でアフリカンフェスタがありました。

http://www.africanfesta2009.com/

僕もつれもこの手のイベントには顔をちょこちょこ出すものの、
たいてい「なんか違うんよなぁ」という印象を持って帰ります。
ま、今回はいろいろあって訪れることはできませんでしたが。
もう少し魅力的なアフリカ関係のイベントを誰か作ってくれないかなぁ。


丸谷才一『女ざかり』読了
[PR]
# by kyahe1 | 2009-05-17 23:07

国境なき医師団

国境なき医師団の活動ニュースが更新されていました。

http://www.msf.or.jp/news/2009/05/1780.php

この活動ニュースを読むと極めて劣悪な状況だというのがよく分かります。
地方などで外貨が手に入りにくい状況においても
医療機関では外貨での支払いが求められているなど
実際的な問題がいくつも書かれていて興味深い報告です。

現実問題として、この手の記事を読んで現地に行くとかなりの温度差を感じることも多々あり、
それはそれで考えさせられることもありますが、これも一面から見た現状なのかもしれません。


大谷 寛『家計恐慌時代に備える!保険見直し入門―知ってびっくりあなたの保険』読了
[PR]
# by kyahe1 | 2009-05-16 22:08

「ジンバブウェ問題」とは何か

故吉國恒雄氏の最後の論考が載せられた書籍がついに出版された。

永原陽子編『「植民地責任」論:脱植民地化の比較史』(2009年、青木書店)
http://www.aokishoten.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?ISBN=978-4-250-20907-9

あとがきに書かれている通り、この論考は2006年8月に吉國氏が亡くなる数ヶ月前に脱稿されたもので、
現代ジンバブウェに関する氏の主張がもっとも鮮明に描き出されている。
2006年8月以降、ジンバブウェをめぐる状況は大きく変わったといっていいだろうが、
それでもこの論考が今のジンバブウェを理解するうえで非常に助かることは言うまでもないだろう。
改めて吉國さんの冥福を祈りたい。
[PR]
# by kyahe1 | 2009-05-16 21:56

IMFの季刊紙

2年前の記事ですが、こんなものを見つけました。

http://www.imf-jc.or.jp/public/metal/2007_2.pdf

IMFといっても国際通貨機関ではなくて国際金属労連の季刊紙。
こんな団体も、まして季刊紙なんて知りませんでしたが、
ちょうど僕が滞在していた頃の記事が出ていたので興味深く拝見させてもらいました。
ジンバブウェは旧野党のMDCの母体のひとつが労組で、
90年代なんかは労働組合の活動はわりと活発だったと思います。
ここ数年の壊滅的な経済状況の中で組合活動どころではなかったというのが
実情だろうと思いますが、それでもストなんかはやろうとしてましたし。
徐々にでも正規労働者を増やしていって組合活動も再開していくといいですね。

ポール・オースター(柴田元幸訳)『ミスター・ヴァーティゴ』読了
[PR]
# by kyahe1 | 2009-05-15 21:38

エア・ジンバブエ

エア・ジンバブウェに日本語のサイトがあるんですね。

http://www.airzim.jp/index.html

少し前までオーバーブッキングやロストラゲッジは当たり前、
燃料がなくて飛び立てないなんてこともしばしば噂されたエア・ジン。
僕自身はほとんどジンバブウェで飛行機に乗ることはないので
ほとんどお世話になることはないんですが、
それにしても日本語のサイト運営して何か意味があるんでしょうか。。
[PR]
# by kyahe1 | 2009-05-13 16:38

南部アフリカフォーラム

5月28日に南部アフリカフォーラムというものが開かれるらしい。

http://mainichi.jp/corporate/info/news/20090430ddm041040064000c.html

来年のワールドカップに向けて観光アピールの場といったところでしょうか。
それにしても後援に名を連ねている企業、団体のそうそうたる面子。
朝日じゃなくて毎日新聞なんですね。うちは毎日とってるんで気がつきました。
[PR]
# by kyahe1 | 2009-05-13 16:31

SAVE ZIMBABWE CHARITY T-Shirts PROJECT

Fullcountがジンバブウェ支援のためのTシャツを販売しています。

http://www.fullcount.co.jp/zimbabwe_tshirts.html

デザイナーの人選が???な感じです。
そして何よりも高すぎる。。。
石川直樹とか好きな写真家だけどこんなところにも顔を出してるんだなぁ。
[PR]
# by kyahe1 | 2009-05-13 16:27

報道の自由について

Independence紙のジャーナリストが逮捕されています。

http://allafrica.com/stories/200905120005.html

この手のジャーナリストに対する弾圧は以前から多数あり、
特に(旧)野党系、海外のメディアに対しては強固な姿勢が続いています。
ジンバブウェはいくら連立政権が成立したとはいえ、
こうした報道の自由などをきちんと認めていかないと
結局、前に進んでいかないんじゃないかと周りも心配になるし
何より自浄作用が完全に麻痺してるだろうから何とかして欲しいもんです。
そんななかでジャーナリストやってる人たちにはほんとに頭が下がります。
[PR]
# by kyahe1 | 2009-05-13 09:27

保健部門の復興

保健部門の復興にUS40millionが必要という記事が出ています。

http://allafrica.com/stories/200905080269.html

これって大体40億円くらいですよね。
安いのか高いのか桁が多すぎて実感できない数字ですが、
それだけジンバブウェの保健機能が麻痺してるって言うことにもなりますね。
国内の主要4病院を重点的に支援すると書いていて、
中でも先日も触れたハラレ中央病院には既に1millionが投資されたとのこと。
いやはや本当にどういう感じになっているのか気になるところです。
[PR]
# by kyahe1 | 2009-05-11 08:41

ピッケル

b0011029_2132309.jpg

今日、ピッケルを買いました。
GW明けに燕岳に行く予定で、真っ赤なグリベルのネパールSAにしました。
ま、手ごろな値段で割りと見た目重視なチョイスでしたが、
シャフトが緩やかに曲がっていたりするのは使いやすそうです。

山岳小説やら随筆を読んでると、山屋にとってピッケルに対する思いは
他の道具にないものがあり、僕もこの一本を使い倒したいと思います。

しかしジンバブウェに行くとあまり山がないので寂しい。
モザンビークとの国境に山脈がありますがそんなに高くはない。
登山というよりもトレッキング的なところが多くて
もちろんピッケルを使うような山はありません。。
[PR]
# by kyahe1 | 2009-04-30 21:44